leeuw14’s diary

思考は現実

まとめられた情報

まいど トレーナーの山﨑です 最近お客さまからよくお聞きするのは、テレビでこんなんやってたよという番組情報 以前はためしてガッテンで、「運動前のストレッチは〇〇だ〜」的な内容を放送していて、よく質問されたのを覚えています。 テレビの影響力はす…

本日雪

まいど トレーナーの山﨑です 本日関東は大雪になりました。 4年ぶりだそうで、前回はまだ関東に来て間もない頃だったので 時が過ぎるのはあっという間だなと感じます。 そして考えるのは、その頃から成長できているのかということです。 成長してないとヤ…

腹圧の重要性

まいど トレーナーの山﨑です 今回は久々にトレーナーらしい記事を。 イベント向けにざっくり考えたものです。 一つの視点からなので、これだけでOKということではありません。 腹圧の重要性(お腹に力が入ることの重要性)腹圧が入っていない状態だと、骨盤…

インプット アウトプット

まいど トレーナーの山﨑です セミナーでインプットした知識をどのように現場で活かすのかは簡単なものではありません。 しかし、セミナーで得た知識が簡単にアウトプットできてしまうのは果たして本物と言えるのでしょうか。 一度自分の中に落とし込んで、…

勉強への気づき

まいど トレーナーの山﨑です トレーナー活動だけではなかなかしない経験をさせていただいています。 組織の中でイニシアチブをとって成果をあげて行くのは通常は誰も教えてくれませんし、 そのような立場になっても最適解の理屈を教えてくれる人はあまり多…

ゆったりとした環境は小さい子供にとって

まいど トレーナーの山﨑です 地方に出張に来ています。 新しいフィットネスクラブの立ち上げなのですが、 そのクラブはキッズや親子というキーワードにすごく力を入れています。 どちらかというとフィットネスは大人というイメージが強いですが、親子が一緒…

今年の目標その2

まいど トレーナーの山﨑です 2020年の東京オリンピックを控えて日本はいかに観光客を受け入れるかという課題があると思います。 実際にここ数年、大阪のミナミではアジア系の外国人が多く、道などを尋ねられる事が多くなていたと感じます。もちろん日本語で…

大臀筋

まいど トレーナーの山﨑です。 最近は大臀筋のトレーニングがメディアなどでも話題になっています。 パーソナルトレーニングを受けるクライアントさんでも、大臀筋が使えないことによって何かしらの問題がある方が多いように感じます。 先日のセミナーもテ…

熱量

まいど トレーナーの山崎です。 本日もセミナー 2日続けて有意義な時間です。 改めて感じたのは、熱量って大事だなということ。 人に伝わるかわからないものは、熱量がない 同じ温度感じゃないとむしろおんなじ空間にいることが相手に失礼になってしまうよう…

本年1発目のセミナー参加

まいど トレーナーの山﨑です 今年1発目のセミナーに行ってきました。 内容の方はまたまとまってからあげたいと思います。 今回のスピーカーは業界でも著名な方々で、内容というと少しミクロな視点のセミナー内容になっていました。 テーマというとズバリ大…

自由の前提条件

まいど トレーナーの山﨑です カヌーの選手がライバル選手にドーピング違反となる薬物を混入させたとして、協会から資格停止し処分を受けた事件がありました。 スポーツ選手として、何としても自分の地位を守り抜く手段が裏目に出た結果だと思います。 到底…

運動習慣も小さなことをコツコツと

まいど トレーナーの山﨑です 何かを習慣にするのはなかなか根気のいることです。 お客様でも、 運動は頑張りたいが、なかなか続かないのよね と声をいただくことは多いです。 そこで私はどう答えているかというと、 運動は頑張っちゃダメ、淡々とこなすだけ…

今年の目標その1

まいど トレーナーの山﨑です 現在の活動の中心はフィットネスクラブのパーソナルトレーニンングなのですが、 お客様の大半のニーズが機能改善なので実施している主な内容はコンディショニング中心になることが多いです。 もちろん、ストレングス分野の内容…

継続することの重要性

まいど トレーナーの山﨑です。 習慣をつくることは簡単そうでなかなか難しく感じます。 できる限り毎日ブログを更新しようと思いますが、なかなか満足いくボリュームの記事を上げるのは難しいことに気づきました。 そもそも、文章能力も大してないので当た…

出初め

まいど トレーナーの山崎です 毎年、学生時代のトレーナー仲間と新年会を行なっています。 お互い、トレーナー活動してるフィールドは違いますが志は同じなのを毎度感じます。 また、お互いレベルアップしているのも感じ、切磋琢磨できるいい仲間だなと感じ…

2017年読んでよかったなと思う本

まいど トレーナーの山﨑です。 今年もひと月に2冊以上は本を購入し、読書するという習慣を目標に掲げて、 結局は30冊くらい読んだと思います。(実質読み切っていない本も多数ありますが) 自分としては色々読んだなと思いますがまだまだ冊数は少ないの…

2017年も残りわずか

まいど トレーナーの山﨑です 今年もあと数日となりました。 残りも悔いのないよう、また2018年も飛躍できるように今年を締めくくっていきたいと思います。 まず、2017年の振り返りですが 一つは、人に会うということをテーマにやってきました。 思えば…

流行っているからこそ地に足つけとかないといけないと思う事

まいど トレーナーの山﨑です 最近はストレングストレーナーがコンディショニングを勉強したり 理学療法士や鍼灸師が運動分野を勉強したりと、 運動指導の土台となるコンディショニングという分野に注目が集まっているように思います。 前からコンディショニ…

フィットネス業界の波乗り

まいど トレーナーの山﨑です。 最近のフィットネス業界の話題といえば大手のコンビニチェーンがフィットネス業界に参入することが話題になっています。 また、アパレル業界もフィットネスを併設した店舗を出店するなど、 どんどん異業種からの参入が増えて…

魅力的かどうかが大事

まいど トレーナーの山﨑です 今年はセミナーに行く回数が増えた年になました。 恐れながらも自分は研修を行う立場でもあるため、 セミナーを受講する立場の時は、研修内容もそうですが 研修を行う人のしゃべり方や構成なども気になります。 その中で、研修…

情報を判断するための物差し

まいど トレーナーの山﨑です 2日間、学会と研修会でみっちり勉強して来ました。 この二日間は、大学の恩師に再会できたこと、また友人つながりで知り合いができるなど充実した二日間でした。 2日間の内容の感想としては、知らないことが多いなということ…

ここ最近の方向性

まいど、 トレーナーの山﨑です 本日も熊本に出張に来ています。 ここ4ヶ月くらい連続できていますが、観光でもできたらなーと思いながら空港で飛行機を眺めています。 ここ最近は毎月研修を担当させてもらっていますが、 改めて人に何かを伝えることの難し…

最近のトレーニングツールは吟味して

まいど トレーナーの山﨑です。 先日、ドイツやアメリカで流行っているフロスバンドのセミナーに参加してきました。 フロスバンドとは何かというと、リハビリテーションなどで使用されるツールなのですが、 ゴム製のバンドで筋肉や関節に圧をかけることによ…

トレーニングに関するいろんな情報が出てきますが

まいど トレーナーの山﨑です 12月に入り、今年もあと1ヶ月早いなという感じです。 やり残したことがないように、また来年の準備を始めたいと思います。 さて、最近のトレーニング業界は感覚統合というのがキーワードのようです。 ざっくり説明すると、いか…

運動指導を受けるメリット

まいど トレーナーの山崎です 最近はブームのように捉えられるようになったフィットネスですが、 流行で終わらしたくないなというのが正直なところです。 というのも、フィットネス人口というのは、20年ほど人口の3%という数値から変わっていないという…

腓腹筋についての疑問

まいど トレーナーの山崎です。 日頃からいろんなことに疑問を持つことは大事ですね。 最近の疑問は、 膝の伸展制限がかかっている場合、腓腹筋は優位に働かないんじゃないかという疑問です。 どういうことかというと、 腓腹筋の働きは ・膝関節の屈曲 ・足…

機能的なトレーニングなのか機械的なトレーニングなのか

まいど トレーナーの山崎です トレーナー業界というのは、トレーナー同士の交流などが盛んに行われていると感じます。 ご縁もあり、ここ半年で素晴らしいトレーナーの方々とつながることができるのは交流が盛んに行われている証拠じゃないでしょうか。 新し…

手放す勇気

まいど トレーナーの山崎です 自分の行動を変えるためには、まず自分を取り巻いている環境を変化させることが大事じゃないかということを、以前に書きました。 環境を変えるというのは何も一気に変える必要はないと思うのですが、 そもそも今の現状になって…

プチスランプは成長の証?

まいど トレーナーの山崎です 環境や思考が変わると、今までやっていたものに違和感が出てきて、 結果が上手く出なかったり、 提供するものにまとまりが出なかったりと、プチスランプに陥ることがたまにあります。 このような時は成長して変わってきていると…

教えてもらった後が大事

まいど トレーナーの山崎です 素晴らしい指導者の方達の足元にはまだまだ及びませんが、 社内での研修を担当させていただくことがあります。 その中で、気づいたことを書き出すとともに、 自分も学ぶ側として気をつけないといけないよなという戒めでもありま…