読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

股関節の動的安定

股関節の動的安定とは、股関節を動かした際に、股関節がしっかり臼蓋に押し付けられながら運動できることをいい、またそれをコントロールできることであると考える。

 

どういった場面で求められるかというと、股関節が動く運動全て

立ったり座ったり歩いたり

スポーツ選手であれば走ったり切り返したり

 

人間の体はねじれている

股関節も言えて、正しくねじれば閉まるし、緩めれば不安定になる

 

で、このネジの閉まった状態がクローズドパックドポジションと呼ばれ、股関節で言えば伸展・内旋・外転

ん〜、怪我しそうな感じ。

緩んだポジションは、股関節、屈曲・外旋・軽度外転

この位置は比較的楽にポジションが取れそう

なので、筋力でこの位置に求心するようにトレーニングすれば、関節への負担が最小限で動的安定を手に入れられるんじゃないだろうか。

で、代表的なこのポジション獲得のエクササイズはクラムシェル

好きなエクササイズでしょっちゅう指導してる

で、これで鍛えられるのが、梨状筋

やはり梨状筋は股関節の安定には欠かせない。

 

よって股関節の安定を手に入れるためには、梨状筋のコントロールが必要不可欠じゃないでしょうか