leeuw14’s diary

思考は現実

コアスタビリティ・コアモビリティを考える

まいど

トレーナーの山崎です

 

腹圧をかけるためには腰部を360°圧をかけないといけないと言われます。

所謂、腹横筋に対してエキセントリックな刺激を入れたいわけですが、

意識をしたことない人にとって、腰背部にまで圧をかけれるのは容易ではありません。

 

まず、腹圧を高めるために重要なものは

・横隔膜の収縮

・腹横筋の収縮

・骨盤底筋群の収縮

が必要になります。

 

ドラム缶をイメージするとわかりやすいかもしれませんが、

上蓋が横隔膜、側面が腹横筋、底面が骨盤底筋群になります。

この中に圧をかけたいのですが、

圧をかける方法としては、

ドラム缶の中の容積を増やすか、周りから圧をかけるかのどちらかになります。

まず、周りから圧をかける方法としては、

筋肉をコンセントリックに収縮させて圧をかける方法があります。

おそらくドローインという方法がこれに近いんじゃないでしょうか。

次に、内圧を高めて、周囲の筋をエキセントリックに収縮させる方法があります。

内圧を高めるためには、ピストンのように圧をかける筋が必要になります。

上記の3つの筋で可動域のある筋は横隔膜になります。

横隔膜自体は筋出力はあまり出ませんが、

空気を取り込むことによって胸腔内圧を高めることができます。

その胸腔内圧を横隔膜がピストンのように腹腔内に圧をかけることで

腹横筋や骨盤底筋群はエキセントリックに働きます。

この際、腹横筋の筋力だけでは耐えられないと思うので、腹斜筋も動員されているのではないでしょうか。

 

コアを働かせる目的を考えた時に、このような腹圧のかけ方はよく議論になるますが、

違いとしては、細いコアなのか、太いコアなのかの違いではないでしょうか。

体幹部の稼働(モビリティ優先)を求められるのであれば、細いほうがいいし、

体幹部はどっしりとあまり動かない(スタビリティ優先)ほうがいいのであれば、太いほうが安定する。

競技特性によってどちらが優位かはもちろんあると思いますし、

使い分けができることはパフォーマンスアップにとっては重要です。

 

そこで、どちらを優先的に獲得すればいいかというと、

やはりスタビリティを優先的に技術取得したほうがいいのではないでしょうか。

そのためには横隔膜の動きの獲得は必須です。

所謂、ZoA(Zone of Apposition)を獲得することは、ピストンを持ち上げる作業であり、

このスペースがあればエキセントリック収縮の可動域を作るのではないでしょうか。

そして、腹式呼吸をすることによって、横隔膜を引き下げ腹腔に圧をかけることができます。

そして、腹部に360°圧をかけるためには、

骨盤前傾では圧が前方に逃げやすいため、意図的に骨盤後傾位で横隔膜を引き下げることにより腰背部への圧力を感じやすくなります。

 

まずはこの感覚を養うことが、コアの働きを上達するためのプロセスになると思います。

 

 

トレーニングの本質

まいど

トレーナーの山崎です。

 

 

最近はよく聞くようになったムーブメントトレーニングですが、

本質は、身体を効率よく動かすためのきっかけを掴むためのツールのように感じます。

なので、アスリートにとっては競技を行うことでしか競技は上手くならないと思います。

しかし、競技が上達するためのきっかけやコツをつかむための環境としては、

がむしゃらに競技をトレーニングするよりは、

ある程度の整えられたドリルをこなすことは課題が明確になるという点で

いいツールだと感じます。

 

一般のクライアントを指導していても思うのですが、

感覚は教え用がないというものです。

こちらから与えられるものではなくトレーニー自身が感覚を掴む作業をしないと

パフォーマンスアップにつながらないと思います。

 

なので、

レジスタンストレーニングやムーブメントトレーニングを上達することが目的になってはいけないし、

それらの動きとパフォーマンスがどのようにリンクするかを考えさせたり試行錯誤させるのがトレーニング指導者としての役割なんじゃないでしょうか。

 

指導者はそれができる環境を提供できるように、工夫していかないといけないなと感じます。

 

良い悪いではないく

まいど

トレーナーの山崎です。

 

 

www.msn.com

こんな記事を見つけたのでコメントを

 

野球選手にとって走りこみが必要か必要でないかは以前から議論されていることです。

 

結論からすると、どっちでも良いと思います。

ただ、やってもやらなくても変わらないという意味ではなく

問題点が走り込みなのであればすれば良いし、

そうじゃなければ躍起になってやる必要はないと思います。

 

記事の中で張本氏は”経験則で”と語られていますが、

経験則も裏付けがあれば必要でないでしょうか。

また、この記者はピッチングに直結するような動きを取り入れるべきみたいなことを書いていますが、

それも少し論点外れているかなと思います。

ラソンランナーを引き合いに出してきていますが、こちらは論外です。

比較対象になりません。

 

ピッチングが上手くなるならピッチングを行うしかないのです。

しかし、上手くなる(怪我の予防も含む)ためには様々なエラーを経験しないといけません。

トライ、エラー、フィードバックを繰り返して上達するのだが、

良いフィードバックを行うためには様々な引き出しが必要になってきます。

その時に似通ったエクササイズを引き出し感覚の統合を行うわけです。

 

なので、このエクササイズをすれば上達するというものは存在せず、きっかけを与えるに過ぎないのではないでしょうか。

 

そして、この筆者は間違った”努力のかたち”を、スポーツ科学を引き合いに出し一元論的に批判しているが、スポーツはもっと複雑であり、

そのように主張すること自体、この記事を見た少年たちは

ウエイトトレーニングすれば良いんだになってしまう。

 

事実と主張がごっちゃになってしまうと、受け手側のスキルが試されますね。

自戒の念を込めて。

 

クイックリフト

まいど

トレーナーの山崎です

 

クイックリフトなどの種目はスポーツを行うにあたり必ず必要になってくる種目ではないでしょうか。

 

クイックリフトとはパワークリーンをはじめとした、全身のパワーをトレーニングする種目になります。

 

パワーは力×速度で表されます。

つまり、どれだけ早く大きな力を発揮できたかというのがパワーになります。

スポーツを行うアスリートにとってこのパワーは必要不可欠なものです。

強いシュートを打ったり、一気に加速したりというのは全身のパワーが必要になってきます。

パワーの単位はワット(W)で表します。

 

ちなみに力はF=maで表され、F=力、m=質量、a=加速度です。

質量は物体の重さ、加速度は速度の変化率を表しています。

力の単位はニュートン(N)やキログラム(Kg)で表されます。

筋トレでの筋力はこちらのことを言います。

 

なので、パワーと筋力は別物になります。

しかし、パワーは筋力に依存するので、筋力がなければ絶対的なパワーは上がりません。

 

この辺りはバイオメカニクスで習うのですが、

基礎になっているのは高校で習う物理の運動方程式です。

高校では物理を選択していたのでこの辺りは理解しやすく、高校での勉強が役に立っていると実感できるところです。

筋力とパワーの違いはフィットネスで活動している人間の中にはこの辺りを理解できていない人も多いのではないでしょうか。

 

話は戻り、

アスリートにとって大きな力を早くというのは相手に勝つためには必要不可欠です。

クイックリフトは重りを素早く持ち上げるという特徴があり、

短時間で一気に力を発揮する練習にはもってこいです。

 

スピードは遺伝的な要素もあり、限界があるのですが、筋力は比較的リミットがないので筋力のアップと筋力をパワーにかえるトレーニングを行うことはパワーアップにつながってきます。

 

そしてこのプロセスは体をうまく使うことの基礎にもなります。

クイックリフトのパワー発揮のプロセスと体を素早く動かすことのプロセスは

リンクしているように感じるので、

クイックリフトを行うことは、体をうまく素早く使うことを上達させる気がします。

 

 

プロがやっているトレーニングだからといって一般人にハマるとは考えられない

まいど

トレーナーの山崎です。

 

フィットネス界隈では最新のトレーニングといった形で

ツールを使ったトレーニングや、複雑な動きを行うようなトレーニングが流行ります。

 

一見、理にかなったトレーニングのように思いますが

果たしてそのトレーニングは万人受けするのでしょうか。

 

一般の人たちがプロアスリートのようにトレーニングをして、

果たして効果があるのでしょうか?

 

もちろん、全く効果が出ないとは思わないのですが

身体活動レベルや、身体スキルなどが違えば、

当然行うエクササイズも違うはずです。

 

また、同じ動きだとしても、

重さを軽くすればいいという問題でもありません。

 

体を動かすことに対して、基礎はかなり重要です。

最近、ムーブメントを学びすごくそう思います。

だからと言って、基礎ばかりやっていてはパフォーマンスは上がらないので、

エクササイズも漸進的に行わなければなりません

 

ただ正しい動きの学習においては、多方面からアプローチをした方が

パフォーマンスアップにつながるのでバリーエーションはあったほうがいいです。

 

なので、

エクササイズを指導するときは

2軸で処方しないといけないと思います。

 

でないと動きの本質にたどり着けませんし、

質の向上に繋がりません。

特に、基礎のトレーニングができていない人ほど重要です。

 

指導者は流行などでブレないよに指導していきたいですよね。

 

遊びと身体感覚

まいど

トレーナーの山崎です

 

ダッシュやストップ、切り返しを多く行うアスリートにとって、

効率的な動きの質を上げることは、その競技能力に直結してきます。

 

かといって、今現在行っている動きを、力強く、素早く行えば競技能力が上がるかと言われれば、必ずしもイコールではありません。

 

スポーツでは、よく日本と海外ではと比較されますが、

そこで耳にするのは日本人のフィジカルが低いといった問題です。

 

何を持ってフィジカルとするかは、おいておきますが

運動能力が海外の選手に比べると劣ってしまうという意味であると

筋力やスピード以前の前に、

動きの質そのものが良くないのではないかと最近は思います。

 

よく動きの質を上げるために、アジリティートレーニングなどを行っているチームもあるかと思いますが、

動きの質はそれでは解決しないと思います。

なぜなら、染み付いた癖を強調しているに過ぎないからです。

 

なので、動きの質を改善するためには、アジリティー以前に介入すべきことがあります。

 

本来では、動きの質は本能的に獲得すべきものではないでしょうか。

子供の遊びの中で目的を達成するべく、自分の体の運用を考える。

 

自分の過去を振り返ってみると、

公園で、大きな木に友達と登ってみる。

公園の公衆トイレの屋根に登ってみる。

歩行者と道路を分けるガードレールの細いところを渡ってみる。

など、大人になってからはあまり許される行為ではないですが、

子供の頃は秘密基地などと言って、

一つ上の学年の人たちがやっているのを真似して登って遊んだりしたものです。

もちろん落ちたりして痛い目をみたこともあります。

しかし、早く登ったり、降りたり自分の身体能力に挑戦するというのは、

子供ながらに試行錯誤しながら繰り返し行われてきたのではないでしょうか。

 

子供の喧嘩もどうでしょう。

全てを肯定するわけではないですが、

取っ組み合いの喧嘩は相手より優位なポジションをとったりこけないようにだったり、

体をいかに効率よく動かすかということを考えているのではないでしょうか。

現在の社会では問題になってしまうので、格闘技や武道などを習うといいのかもしれませんが、型にはめて教えられてしまうと、身体感覚は育つでしょうか。

 

もちろん格闘技や武道は素晴らしいのですが、教えられて上手くなるのには限界があると思います。

 

なので、効率的な動きの質を上げるためには、

優れた身体感覚が必要であり、この身体感覚は遊びの中で培われて行くものなので教えられるものではないでしょう。必要なのは指導者ではなく環境ではないでしょうか。

この身体感覚が高ければ、指導者からの学びは加速して行くでしょう。

 

指導者としてはこの辺りも踏まえて指導を心がけないと、

型の押し付けにってしまうのではないでしょうか。

子供の体力低下

まいど

トレーナーの山崎です

 

今日は幼児体育に関わる方の話を聞く機会がありました。

やはりここでも、視機能の問題解決は一般的らしく視機能改善プログラムを積極的に取り入れていました。

以前にも触れる機会はあったのですが、改めてもっと一般に普及するべきものだなと感じました。

この能力も幼い頃から自然に発達すればいいですが、現代の子供達はそのような機会が減ってきています。

大人がやってもそこそこ効果出るので、子供のうちからやっておくのは将来の日本の土台となることは間違い無いのでしょうか。

 

文科省はこの辺りもっと目をつけて欲しいと思います。

今後の日本は少子化でどんどん子供が減っていき、さらに運動機能以前の生物的なヒトとしての能力も落ちるようでは

もっとこういった問題に目を向けないとまずいんじゃないでしょうか。